注文住宅・自然素材・価格のライフ・プロジェクト:茨城県水戸市・ひたちなか市・つくば市

注文住宅・自然素材・価格のライフ・プロジェクト:茨城県水戸市・ひたちなか市・つくば市 の トップページへ戻る

ライフ・プロジェクトについて
施工エリア

茨城県

水戸市 笠間市 ひたちなか市

那珂市 日立市 常陸太田市

土浦市 古河市 石岡市 下館市

結城市 龍ヶ崎市 取手市 牛久市

つくば市 鹿嶋市 守谷市

注文住宅の施工例一覧にて、注文住宅の間取りや注文住宅のプランを詳しく紹介しています。また、注文住宅の坪単価(価格・予算・費用)や相場を知りたい方はお問合せ下さい。

ASTEC:大切な住宅を守る 100年ペイント

アステックペイントは長期的に住宅を守る
遮熱と防水性能を兼ね備えた100年ペイント。


●アステックペイントは超防水塗料。ご自宅を水や湿気の侵入から守る!
 アステックペイントは塗膜が伸び縮みしヒビ割れに追随、屋内への水の侵入を防ぎます。
 また外からの水を防ぐ防水性能だけでなく、中にこもった湿気を外に放出する呼吸する塗膜です。

●超耐久性を持つピュアアクリル樹脂なので安心。
 塗膜が劣化する最大の原因は紫外線によるもの。アステックペイントは紫外線が日本の3倍以上ある
 オーストラリア生まれの塗料なので紫外線に強く、劣化によって起こるチョ―キングを長期間起しません。

ASTECの保証書●全商品に保証書を発行するので、安心。
 アステックペイントの独自のシステムにより全てのアステックペイント商品に
 最大10年の保証書を発行致します。


アステックペイントの性能・機能


1.最大20年の耐久性 ※1
アステックはチョ―キングが起きません。

チョ―キング(白亜化)とは、紫外線・熱・水分・風等で表層樹脂が劣化し、塗料の樹脂がチョーク(白墨)のように粉状になって顕れる現象。これは、塗料の寿命が来た証拠です。
塗料を劣化させる最も大きな原因は紫外線。
紫外線が日本の3倍以上あるオーストラリア生まれのアステックペイントは、紫外線に対して圧倒的な耐候性を誇ります。促進耐候性試験では、約15年から20年ほどの耐候性が確認されました。また、寒さや暑さ(-20℃〜82℃)にも強く、塩害や酸性雨などにも強い耐久性を示します。


チョーキングが発生するまでの時間
※1外壁防水仕様の場合
チョーキング現象は塗料の防水効果が切れるサインです

外壁・屋根などの点検依頼・見積りについてのお問合せはこちら





2.伸びる塗料で建物を防水
塗膜が伸びてひび割れストップ!水漏れの心配がありません。

「住宅の寿命は、ひび割れからの水の浸入によって縮む」と言われています。そのため、堅い塗膜を形成する塗料では家を守ることができないとアステックは考えます。アステックペイントは、下写真のように伸びる性能があり、建物の動きやひび割れに塗膜が追随し、水が浸入する隙間を作りません。


一般塗料とアステックペイントとのひび割れ比較

ひび割れを発見したら早期対策を!

外壁・屋根などの点検依頼・見積りについてのお問合せはこちら





3.呼吸する塗膜
家の湿気をこもらせません!

一般の防水系塗料は、防水機能の役割は果たしますが、家の建材を傷める原因となる湿気をこもらせます。そのため防水系塗料には「呼吸」の要素が必要です。家は呼吸することにより、長く生き続けます。逆に呼吸を防ぐと建物内に湿気をこもらせ、菌やカビが発生する要因となり、建物内部から腐食を進行させます。多くの塗料(塗膜)は、水を通さない代わりに湿気も通しません。逆に湿気を通す塗料(塗膜)は水も通してしまうため、建物を劣化させます。アステックペイントは、水を通さない防水性を備えながら湿気は通す「呼吸する塗料(塗膜)」として建物の劣化を防ぎます。


湿気をこもらせない




4.塗り重ね設計で生涯コスト削減
10年〜15年後、上塗りだけでOK!

塗り重ね

耐久性が高いので塗り替え期間が長く、更に2回目以降は上塗りだけの塗り重ね設計なので、次回の塗り替えコストが約半分になります。
※劣化状況等や塗り重ねの色が同系色でない場合は、2回塗り以上行う場合があります。


経過年数とコストの一覧表




5.遮熱・省エネ効果
夏場の室内温度を3〜10度下げてくれます!

表面温度の低下、室内温度の減少、冷房費の削減

アステックペイントは、上昇する温度を20℃〜30℃落すことができます(色により変化します)。よって、一般的な塗料に比べ、アステックペイントを塗るだけで、屋根の温度を著しく下げることが可能です。また、表面の温度を落とすことで室内への熱貫流を大幅に削減することができるのです。
室温が1℃下がれば、光熱費が10%削減できるといわれています。地球温暖化対策や家庭のエアコン代などの光熱費削減に貢献できます。


照射前後の温度差比較




6.可塑剤※2を使用しない
アステックペイントはピュアアクリル※3の分子の組み替えにより、樹脂そのもので長期間弾性を発揮することができるので可塑剤を加える必要がありません。



一般的なアクリル塗料は、スチレンアクリル等の耐久性が低いとされる樹脂を純度を下げて製造するため、安く製造することはできますが、性能や耐久性を犠牲にしてしまいます。しかし、アクリルとは本来、とても耐久性のある素材で、飛行機の窓や水族館で使われている水槽も、実はアクリルなのです。



アステックペイントは、その中でも不純物が一切含まれていないピュアアクリル(アクリル100%)を使用しており、紫外線に晒されても20年程度では劣化しない耐久性を有しています。そんな耐久性を有するアクリルを100%のまま塗料化することに成功。世界で最も紫外線の強い国オーストラリアでも、15年から20年の耐久性を誇っているのです。







一般の弾性塗料(ひび割れ対策用塗料)には、可塑剤が含まれています。可塑剤は紫外線にあたると3〜5年で完全に気化してしまいます。さらに可塑剤が抜けた塗膜は弾性を失い、硬化してひび割れを起こします。



※2 可塑剤とは、プラスチックや塗料などに添加することにより柔軟性を与える物質です。
   問題点は、熱や紫外線により添加された可塑剤は気化もしくは流出してしまい、5〜7年程で塗料の弾性が失われてしまうことです。
※3 ピュアアクリル塗料とは、不純物一切排除したアクリル100%の樹脂が使用されている塗料です。



■ アステックペイントの施工例はこちら>>
■ アステックペイントについての資料請求はこちら>>
■外壁・屋根などの点検依頼・見積りなどのお問合せはこちら>>
  または 0120−756−758 までお気軽にお問合せください。
■ アステックペイントホームページはこちら>>